毎月、お給料日を迎えたあとのほっとする安堵感

毎月のお給料なんて、本当に生活するだけで精一杯というような心許ない額です。
それでも、一ヶ月ごとにやってくるお給料日を、それほど大きなマイナスを出さずに迎えることができるとほっと安堵してしまいます。
ちょっと自分を甘やかしてしまったり、イレギュラーなことが発生すれば、すぐに足が出てしまいますよね。
お給料がもっと増えないかなと思っても、そう簡単に増えるものでもないです。
もっと節約しようと思ったとしても、肌で節約の効果を実感できるくらいに節約するのは大変だし、耐えてばかりいる生活というのもストレスが貯まるものです。
そういう中で、無事にお給料日がやってきてくれると、本当に束の間ではありますが、お金の心配から解放されるような感覚になります。
でも、このほっと一息ついてしまうタイミングというのは、気が緩んでしまっていて、意外に危険だったりするんですよね。
先日も、つい「お給料も出たことだし」と、あやうく仕事帰りに服を買ってしまうところでした。
お金のことを常に考えているというのは、あまり好き好んでやりたくはありませんが、そうしないとやっていけないというのがなんとも悲しいです。キレイモ 無料カウンセリング

韓国語の勉強 韓流ドラマやK-POPを通じて。

私は大学1年生の時に授業で履修した朝鮮語の授業をきっかけに韓国の勉強を続けています。今度の4月で5年目です。始めた理由は、外国語が喋れることに憧れていて就活にも役に立つので本当は英語を喋れるようになりたかったのですが、中高と6年も勉強しているはずなのに喋れないし、すでに苦手意識があるし、どこまでが理解できていてどこからが理解できないのかが分からないので英語以外の言語で一から始めようと思いました。その中で韓国語を選んだのは、簡単だというイメージと文法が日本語と一緒だということでした。韓国語は本当にほかの言語に比べると簡単だと思います。きちんと取り組めば数時間でハングルは読めるようになりますし(意味は理解できないが読めるという状態)、日本語と似ている発音や単語も多いのでとっつきやすいです。私は机に向かっての勉強と並行して韓国ドラマを積極的に見たり、K−POPを聞いたりすることで繰り返し出てくる単語を優先的に覚えたり、リズムとして覚えることが出来、今ではとても自分の世界が広がったように感じます。