毎月、お給料日を迎えたあとのほっとする安堵感

毎月のお給料なんて、本当に生活するだけで精一杯というような心許ない額です。
それでも、一ヶ月ごとにやってくるお給料日を、それほど大きなマイナスを出さずに迎えることができるとほっと安堵してしまいます。
ちょっと自分を甘やかしてしまったり、イレギュラーなことが発生すれば、すぐに足が出てしまいますよね。
お給料がもっと増えないかなと思っても、そう簡単に増えるものでもないです。
もっと節約しようと思ったとしても、肌で節約の効果を実感できるくらいに節約するのは大変だし、耐えてばかりいる生活というのもストレスが貯まるものです。
そういう中で、無事にお給料日がやってきてくれると、本当に束の間ではありますが、お金の心配から解放されるような感覚になります。
でも、このほっと一息ついてしまうタイミングというのは、気が緩んでしまっていて、意外に危険だったりするんですよね。
先日も、つい「お給料も出たことだし」と、あやうく仕事帰りに服を買ってしまうところでした。
お金のことを常に考えているというのは、あまり好き好んでやりたくはありませんが、そうしないとやっていけないというのがなんとも悲しいです。キレイモ 無料カウンセリング