女の子の自由度と皆の自由な感情表現の関係性

学校時代というのは、何だかんだ言って自由だったと思います。極端に規則などが厳しいというところは置いておいて、一般的に言えば、校則があっても色々な策を講じながら好きなことを出来るだけやってしまったりしていたものなんじゃないでしょうか。そんな時代には、皆が健全だったと思います。それが比較的自由な物の言い方とか、感情表現とかも生んでいた気がします。

職場というものにはそれが不足気味かもしれません。「大人なんだから」というのはそれはそうでありつつも、そこまで規則に縛られるわけは何かなとか、いざとなったらどういう説明が出てくるだろうということまでまかり通りやすいです。そうなると人の自然な表情や言葉の発露まで制限が掛かって来るので、そのような場合は恐いなと思います。

ルールがあって人があるのではなく、人のためのルールであって欲しいところです。どうせ自分たちしかいないんだからという場から、何か自由度の高い空気づくりをしてみるといいのかもしれません。女の子が席で気軽に鏡を見られる空間であるようなことが、人の自然を作る気がします。アイフル 借り方